リングフィット アドベンチャーが日頃運動してる人から見てもハードな内容だった

ゲーム 生活

皆さんこんにちはGNAMです!

今日は最近人気のリングフィットアドベンチャーについて、ある程度使ってきて感じたことを解説します。

  1. 運動経験者でもきつい
  2. 初日はかなりきつい
  3. 一ヶ月続けられるかが成果の分かれ目

 

リングフィットアドベンチャーは、ゲームで筋トレやストレッチを行うという物なのですが、二つの付属品があります。

 

61Aqg2B5KRL._AC_SL1500_

 

右にあるのが、リングコンと呼ばれるリングです。横についている持ち手を握り押したり伸ばしたりします。そして左のものはレッグバンドといい、足につけることによって足の動きや角度を検知します。

 

この二つで主にトレーニングをしていくゲームです。

 

1.運動経験者でもきつい

 

person lifting dumbbell

 

 

僕は小学生の頃から高校3年まで水泳部に所属しており練習をかなりキツかったです。そして、腕立て伏せ100回、腹筋100回、ランニング10kmを週3ぐらいのペースで今もやってます(ワンパ○マンを意識しちゃいましたww)。しかしこのリングフィット アドベンチャーを30分くらいやると汗が床に落ちるほどハードでした。

 

なぜきついか。

まず序盤では、脚を使うことに慣れなければいけません。

 

このゲームでは、フィールドを走るときに実際に脚を使います。その足の動かし方には二種類あり、普通に走る動きをするモードとひたすらにスクワットをするサイレントモードがあります。

前者のモードは、楽なのですがマンションに住んでいる方だと音を立てないようにやっても意外と下の方に響きます。よって、マンションに住んでいる方はサイレントモードにする人が多いのですが、これ意外ときついです。

 

なぜなら、攻撃と移動の二回でスクワットをするからです。

 

このゲームでは、筋トレで攻撃をしていくのですが、その攻撃コマンドにもスクワットが含まれています。なので移動でスクワットをしたら、攻撃でまたスクワットをするという場合もあり脚をとても使います、正直ランニング10kmよりもきついww。僕も初日はひどい筋肉痛になりました。

 

また、リングコンを使う攻撃では何回もリングコンを押したりしなければいけないので、腕ももう勘弁してくれよww、と何回も限界を感じるほどにきつかったですww。

 

2.初日はかなりきつい

 

young game match kids

 

 

このゲームでは、腕の筋肉では、腕立て伏せで使わない筋肉を使うので日頃から使っている筋肉を意識し、器具を使用したトレーニングを行っていない人は高確率で筋肉痛になります。また、スクワットをとにかくたくさんするので脚も有酸素運動であるランニングで鍛えた脚では高確率で筋肉痛になり、日頃していない人に関してはいうまでもありませんねww。

 

ですがこれを乗り越えればあとは楽になるので、ここで諦めてはいけません。

 

3.一ヶ月続けられるかが成果の分かれ目

 

man facing solar panels

 

 

 

毎日行うのがもちろん一番いいのですが、忙しい人はなかなかできません。ましてや筋肉痛の痛みで挫折するのはダイエットをする人にとってはあるある話です。

 

しかし、ゲームにしろ一般的なダイエットにしろ続けられない運動は何にも身を結びません。

少なくとも週に二回これを一ヶ月続けられるかが、習慣づけられるか否かの分かれ目でこれができてしまえばあとは勝手に続けられます。

 

せっかく買った人は、もったいないのでダイエット器具を買っては三日坊主で使わなくなる・・・・なんていうふうにはならないようにとことん使い潰してしまいましょう。

 

これが続かなければ、確かに他のやり方で運動すればいいのですが、このゲームはよくあるアドベンチャーゲームと同じくとても続けやすく作られていると思います。

 

これが続かなければ、他に続けられるトレーニングはあまりないでしょう。

 

まとめ

 

私も、中学2年生の時は体重が99kgありましたが、ダイエットを地道に続けることによって今では70kgくらいまで、一番低い時は66kgまで落とすことができました。しかし最近食べ過ぎからか少し太ってきたような・・・引き続きこのゲームで筋肉をつけ脂肪を落としていきたいです。

1ヶ月後の結果→リングフィットアドベンチャー1ヶ月ガチでやった結果

 

次回はダイエットに関する記事を書きたいと思います。

 

それではーーー